危険な蜂はたくさん

人間にとって危険な毒を持っている蜂はたくさんいます。そして、蜂の巣がある場合にはそこに蜂が居座るので、大変危険になります。安全な生活を守るためにも危険な蜂の巣を退治しておきましょう。

Read more

ハチの退治

ハチを退治する際は、相手の性質について充分理解することが大切です。特にハチは気温が低いときにしか行動をしないという習性をもっているので、冬場は行動ないという性質をもっています。

Read more

ネズミの駆除

天井をごぞごそと動き回る音が聞こえた場合、ねずみが住み着いている可能性が挙げられます。その際はねずみ駆除を依頼することが適切です。自分でもできる薬剤や超音波スプレーなどもあります。

Read more

さまざまなアリ

明瞭な料金となっているので、予算に合わせてアシナガバチ駆除が利用出来ます。攻撃を受ける前に作業を行なおう。

小さな隙間から侵入してくるアリ駆除の依頼を受けてくれるのがこちらです。エキスパートがスピーディーに対応してくれます。

日本の在来種のありは数mm単位のものから1cmにギリギリとどかないアリまで様々です、日本産のアリは数百円で市販されている撃退商品でどうにか駆除を行うことが可能ですが、外来種となると話は違ってきます。 アリ駆除は本来個人でも簡単にできるお手軽なものでした。 指で1匹ごとに潰していったり、掃除機で吸い取ったり、市販のアリ駆除商品で巣ごと始末したりとそれほど頭を悩まさず、手早く簡単に行えるものでしたが、現在では状況が変わりつつあります。 今までのアリ駆除の印象を一変させる事態が、外来種のアリの生息域の拡大です。東日本ではまだ珍しい存在かもしれませんが、西日本では各地でアルゼンチンありなどの外来種が生息域を拡大し続けているのです。

数ある外来アリの中でももっとも脅威を振るっているのが、アルゼンチンアリです。 体調は2.5mm程度の小さなアリですが、とにかく尋常じゃない繁殖能力でこのアリが形成する巣は大小様々なサイズの巣が繋がった巨大なコロニーを形成しており、活動範囲は非常に広範囲です。 更に厄介なことに幼虫などを持ちながら移動するので簡単には駆除をすることができません。 一つの巣に多数の女王アリが存在することも駆除を困難にしてる原因の一つです。 このアリの恐ろしさは繁殖能力だけにとどまらず、在来種を積極的に攻撃し絶滅させるという点にもあります、噛まれた場合の痛みも尋常ではなく素手での駆除など危険極まりないです。 現在はアルゼンチンアリを駆除する為のアリ駆除剤が発売されていますので、もし自宅の敷地内に現れた場合は被害が拡大する前に手を打ちましょう。