危険な蜂はたくさん

近年、蜂に刺されて死亡するといった事故の件数が減少傾向にあります。これは蜂の巣を退治するという行為が、刺されるリスクを飛躍的に高める危険な作業であるといった認知が広く広がったためであり、また蜂の巣の退治を請け負っている害虫駆除業者の数が増えたたため、よりサービスを利用しやすくなったためと言うこともできるでしょう。特に刺されることによって命を落とす可能性があるスズメバチを退治するにあたっては、自治体単位での取り組みが行なわれていることも珍しくはなくなっており、自治帯の害虫駆除などを請け負っている専門部署に相談をすることによって、自治体が提供している信頼できる害虫駆除業者を紹介してもらう事も可能となっています。また中には補助金制度を設けている自治体もあるため、相談を行なうことは非常に有効な対策となっているのです。

蜂による死亡などの深刻な被害状況は減少傾向にありますが、近年は自宅の周辺に蜂の巣が作られてしまうといった被害状況は、むしろここ数年で増加傾向にあります。これは、近年目立つ夏の猛暑がきっかけとなっています。猛暑が続くとハチの動きが活性化するため、その結果として蜂の巣を作られてしまうといった被害が増加することになるのです。そのため、今後も夏季の猛暑が続くとなると、これまで蜂の被害にあったことがなかったような地域でも、蜂の巣を見かけるようになる可能性が十分に考えられる物となっています。こういった際、無闇に個人で退治しようとするのではなく、その危険性を十分に鑑みて、専門業者に依頼をするといった適切な判断を下すといいでしょう。命の値段だと思えば、数万円の依頼費など安いものなのです。